October 25th
 危険な遊び


 最近ジュリーと私の間で流行っている遊びがある。
 まず私がジュリーにお尻を向け、キラキラ猫じゃらしを太ももの間に挟んで
 そこから少しだけ見せたり引っ込めたりする。
 するとジュリーは飛びかかって来て、隙間のない私の太ももの間に前足を突っ込んでくる。
 私は「キャー、セクハラ〜」と悲鳴をあげ、
 今度はお返しにジュリーを捕まえてその大きなお尻をガシガシと触りながら、
 「本当はまんざらでもないんだろう〜?」と尋ねる。
 これをひたすら繰り返すのだが、気分がのってくると結構楽しい。
 ネコさんがいる方には是非オススメしたい。


  「だけど、人に見られないようにね!」



October 24th
 限りある時間


昨日は新潟の方で大きな地震があった。
台風なら幾分備えることもできるけれど、地震は予測がつかない。
普通の暮らしの中で突然命を失うことがあるなんて、思いもしなかっただろう。
今日は何を食べようかとか、明日はどこに出かけようかと、
そんなことをぼんやり考えている時に人生が終わってしまうことがあるのだ。

いつか私もジュリーも死んでしまう。必ず別れの時が来る。
それはずっと先かも知れないし、思わぬ時にやってくるかもしれない。
忙しいとついつい「後でね。」「明日はいっぱい遊ぼうね。」と言ってしまうが、
それを繰り返していては後悔してしまう日が来るかもしれない。
限りある時間を、大切にしたいと思う。



October 19th
 PCピンチ


このところPCの様子がおかしい。
「そろそろ再インストールでもしてスッキリさせようか。」と言っていた矢先、
昨夜モニターまでもが死んだ。
画面の上下は完全に使い物にならず、真ん中付近も非常に見づらい。
これはもう、買い替えもしくは作り直しだ。

もしPCが動かなくなった場合も2カメは動くはずなので、
動画はできませんが、ライブは2カメでお楽しみ下さいませ。


  ジュリー:「そういうことでお願いいたします。」


October 15th
 奇妙なうなじ


「なんかの病気にかかってる!」
仕事中、私の背後に立っていた叔父が突然叫んだ。
私のうなじに、見たことのないリング状の病変ができていると言うのだ。
「見せるから待って!」
叔父はそう言うと急いで手鏡を持ってきて、私の背後に回って「ほら!」と言う。
あのぅ、合わせ鏡にしてくれないと、自分のうなじが見えるわけないんですが…。

結局携帯のカメラで撮影して見せてもらった。
すると、うなじだけでなく、肩や背中にもたくさんのリング状の奇妙な痕が!
「何の病気〜!?」

と、そこで思い出した。
前日マッサージ院に行った際、吸盤タイプの低周波をかけてもらった…。
少しぶつけただけですぐに青アザになる私は、その吸盤を貼り付けてもらった所が全部、
内出血して青アザになっていたのだ。
自分で言うのもなんだが、けっこうキモイ。

「新種の奇病かと思った…。」と、叔父は憔悴しきった表情になっていた。
私はその後、母や旦那様にそれを見せ、恐がらせて楽しんだ。
もう低周波は二度とすまい(笑)


   ぼくなんて、全身ぐるぐる状の模様だらけだよ!?


October 11th
  ジュリーのごまかし方


回線が切断される現象はやはり直っていなかった。
N●Tに問い合わせたところ、この手の問い合わせは少なくないらしい。
モデムを交換してもらって少しいいようだが、調子が悪い時はごめんなさい。

ところで、私にはジュリーが嫌うクセがある。
夜眠れない時、壁のクロスに爪をたててついついカリカリしてしまうクセだ。
これをするとジュリーは嫌がって、その手に噛み付いてくる。
だからしないように気をつけているのだが、ボーッとしているとついやってしまうのだ。
昨夜もカリっとやってしまったのだが、ハッと気付いてすぐにやめ、
枕もとのジュリーをおそるおそる見てみると…。

気付いていた。一瞬しかやらなかったのにバレてしまったようだ。
ジュリーは私の手をキッと睨んでいる。
そしてゆっくり腰をあげ狙いを定め、私の手をめがけて飛びかかった!
か、噛まれる〜!!

そう思った瞬間、旦那様がグッドタイミングで何やら寝言を発した!
「旦那様が起きている!」→「噛み付いたら旦那様に怒られる!」
ジュリーの頭の中で恐怖の図式が浮かんだのだろう。
ジュリーはとっさに私の手の横をすり抜け、そのまま足早に足元の方に抜けて行った。
まるで、「最初から足の方に移動しようと思ってたんですよ〜」とでも言わんばかりに。

必死でごまかしたジュリー。それで難を逃れたはずだった。
しかし移動したその場所が悪かった。そこは旦那様の足元だったのだ。
それまで足を曲げて寝ていた旦那様が、またしてもタイミングよく(?)勢いよく足を伸ばした。
それは見事にジュリーに命中し、足払いをかけられた形になって
ジュリーは見事にベッドから転落した。
なんて運が悪いんだろう…。

こういう偶然が重なって、ジュリーは旦那様が怖くなってしまったのかも知れない。
そしてそのあと慰める私になついたのだ。
私としては、ラッキーかも。


 ぼくは運が悪いので、ネコやめてアザラシになります。


October 6th
  何のキズですか?


回線が切断される件については解決した。
やはりモデムのファームウェアのバージョンアップが上手く行っていなかったようだ。
しかし最近PCが不調なのは確か。そろそろ再インストールか。

今日はお昼に脱毛に行ってきたので、動画ライブと呼び出しボタンをお休みした。
ひざ下の脱毛で今回が初回だったのだが、予想以上の痛さに
「イテッ!」と声が出てしまった。
普段はそんな言葉使いませんのに。ホホホ。
「この足の傷はカミソリですか?」とおねーさんに聞かれ、「…ネコです。」と答えるとウケていた。
ジュリー、外で恥ずかしいから、キズができるほど噛まないでよね。


 僕の足、ボウボウだよ。脱毛無理だよね?


October 4th
  旦那様とネコ


 昨日からやたらと回線が切断される。
ADSLモデムのファームウェアのバージョンアップを行ってからどうもおかしい。
ライブをご覧頂く際に停止したりなかなか始まらないことがあるかもしれませんが、
そのまましばらくお待ち頂くと自然に回復しますのでお許しを。
いつまでたっても回復しなかったらリロードしてみて下さいませ。

ところで、昨日の夜。アクシデントでジュリーの顔を殴ってしまった。
私のグーがジュリーの顔に命中してしまったのだ。
ゴツッと音がして、ジュリーはビックリ顔に。
「何もしていないのに殴られた!」とでも思ったのだろう。
少し、嫌われたかも。どうしよう…。


 や、やられた〜〜〜〜!!